本文へスキップ

東京民報は東京が見える、東京を変える新聞です。




1面

「震災対応不十分なのに」 石原知事 五輪招致尾の意向表明 「復興に象徴」に批判の声/知事の発想は順番が逆 コメディアン 松元ヒロさん/連続インタビュー どうする東京 東日本大震災 「想定外」は自然への傲慢 作家・佐藤愛子さん「日本の底力発揮するとき」/「放射のから子ども守って」 新婦人豊島支部 ミニパレードに沿道から声援/道端に咲くFトキワツユクサ

4面

親地連結成40年 子どもに良い本を! 家庭・地域文庫ひとすじ ねりま文庫連代表 関日奈子さん/芭蕉と歩く東京F 発句也松尾桃青宿の春/みんなの広場/パシャ 南天の花が咲きました/落語の歴史 第70回 新作落語と三遊亭圓文

ツイートする

News

震災ボランティアに交通費を補助 | 11/06/24

 台東区は震災ボランティアを支援するため、現地に向かう交通費を22日から補助します。区社会福祉協議会が窓口。災害ボランティアに登録した区内に活動拠点がある団体や区民グループに、往復走行距離の燃料代相当分の4分の3を補助します。公共交通機関の場合も、同様に補助します

区役所に問い合わせ、苦情が殺到 | 11/06/24

 23区では、国民健康保険の加入者に今年度保険料の通知(郵送)を始めていますが、区の窓口には問い合わせや苦情が殺到しているといいます。足立区役所は6/16からの4日間で5000件を超えました。共産党区議団には「収入が変わってないのに子どもの多い人ほど上がり、なかには年額40万円も上がった人もいる。常識では考えられない」という訴えもありました。今年度から保険料を計算する方式が変わり、さまざまな控除が保険料の計算に反映されなくなったため、とくに多人数世帯や障害者世帯などが大幅に上がっています。

都議会代表質問 共産党はかち都議 | 11/06/23
都議会本会議が23日開かれ、各党の代表質問が行われました。共産党からは、かち佳代子都議が質問。石原知事に対し、巨大地震に弱い都市構造から防災・福祉都市に変えるよう求めました。

震災・原発事故関連

清瀬市議会で原発撤退を求める意見書を可決 | 11/06/24


Web新着


「簡単、だけどCGよりすごい」日本万華鏡博物館館長に聞く

バナースペース



心つなげよう!! 

東京タワーから光のメッセージ