都議会報道ページへのボタン

トップ>カテゴリー>09都議選|09.06.26

共産党が若者応援政策 夢と希望かなう東京に

 共産党都委員会は、若者応援政策(マニフェスト)「若者の夢と希望がかなえられる東京を ~リストラ・生活破壊から雇用とくらしを守る~」を発表しました。
「東京雇用ルールをつくり、人間らしい労働と生活の実現をめざす」とし、最低賃金を生活保護水準の時給1074円に引き上げることや、東京発「脱ワーキングプア」宣言として「生活賃金(最低賃金の120%=年収263万円)+社会保険加入」制度などを提唱しています。
 政策は「派遣切り」や「雇い止め」で失業した人、非正規労働者、正社員、低所得者や子育て世代、大学生・専門学生ごとにまとめられ、きめ細かいものとなっています。
  同政策は、共産党都委員会が民青都委員会とともに取り組んできた「仕事・子育て・生活・学費アンケート」や街頭労働相談で寄せられた声などが盛り込まれています。同政策は共産党都委員会のホームページで全文を読むことができます。