都議会報道ページへのボタン
トップ>カテゴリー>2009年都議選 |08/11/16

共産党 都議選・北多摩4区に畠山氏

畠山まこと都議予定候補  日本共産党北多摩北部地区委員会は11月6日、東久留米市内で記者会見し、来夏の都議選で北多摩4区(清瀬市、東久留米市、定数2)に清瀬市議団長の畠山まこと氏(54)を擁立すると発表しました。 畠山氏は会見で「都民のくらし、福祉、子育てを応援する都政の実現のために全力を尽くす」と抱負を語りました。都立清瀬小児病院の廃止について、「産科医・小児科医の不足が深刻ななか、清瀬小児病院の必要性は改めて明らかになっている。都に廃止計画を撤回させるため、都政の場で働きたい」と述べました。

【畠山氏の略歴】1953年、秋田県生まれ。全日本国立医療労働組合新潟地区協議会、全日本国立医療労働組合本部に勤務。03年清瀬市議会議員に当選。都立清瀬小児病院を守る会副会長。