都議会報道ページへのボタン
トップ>トピックス>都議会報道 |09.03.06

2件の08年度補正予算案を議決 都議会本会議

  都議会本会議が5日開かれ、2件の2008年度補正予算案を議決しました。日本共産党は都税減収を受け、一般会計で1208億円減額する補正予算案に反対し、国の緊急経済対策に伴い雇用創出や保育所整備基金を設ける補正予算案(430億円)に賛成しました。自民、民主、公明、生活者ネットは知事提案の全議案に賛成しました。討論に立った共産党の小竹ひろ子都議(文京区)は、未曾有の不況と雇用破壊のもとで果たすべき自治体の役割について「浪費にメスを入れて財源を確保し、暮らし、福祉を守ることに全力をあげることだ」と強調しました。そのうえで、石原知事が提案した国の緊急経済対策に対応した補正予算については、都民要望が一定盛り込まれたものの、一般会計を減額する補正予算では税収が減るのに都が1000億円の五輪招致基金を積み立てを継続し、都市基盤整備の予算を温存しながら切実な都民要望に背を向けたことを批判。08年度予算について、投資的経費が補正後も7370億円余と前年度より450億円も上回り、国直轄事業負担金など大型事業に大盤振る舞いしていると指摘。その一方で、165億円も減額した福祉予算の9割が医療・介護にかかわる事業だとし、「予算を増やすことはあっても、減額はあってはならないこと」とのべました。