都議会報道ページへのボタン
トップ>都議会報道  08/12/17

都議会4定が閉会

 都議会第4回定例会が17日、閉会しました。かつてない金融危機が雇用、暮らしを直撃するもとで開かれた都議会は、のべ50万人分の公的雇用の創出や離職者への無利子融資、信用保証料の半額助成など、都民の切実な要望が一部盛り込まれた補正予算を可決しました。
 日本共産党都議団の吉田信夫幹事長は同日、談話を発表。同予算について「多くの予算はわが党と都民の願にこたえるものであり賛成した」とのべたうえで、いまの深刻な状況からみれば不十分だとし「都の直接雇用を広げることや中小企業が非正規を正社員化した場合の助成の実施、緊急融資の追加実施などに全力をあげる」と表明しています。(詳細は「東京民報」12/21号でぜひお読みください

ページの先頭に戻る