本文へスキップ

東京民報は東京が見える、東京を変える新聞です。

都議会 どんなとこ?

本会議と委員会 

 都議会は年4回(原則2、6、9、12月に招集)開かれる「定例会」と、必要に応じて開かれる「臨時会」があります。知事に招集権がありますが、議長または議員定数の4分の1以上の議員が知事に臨時会の招集請求があった時は、知事は20日以内に臨時会を招集しなければなりません。
 全議員が出席する「本会議」は、議会に提出された議案や意見表明の最終的な可否を行います。本会議の議決に先立ち、詳細な審査をするため、設置する委員会で所管に属する事項を審査します。

9常任委員会 議員はどれかに所属

 都議会では条例で9つの常任委員会が設置されており、議員はこのうちどれか一つに所属します。また、議会の運営について協議する議会運営委員会が設置され、各会派の代表で構成されています()。
 必要におうじて特定の事案を審査する特別委員会は、本会議の議決で臨時に設置され、審査が終了すれば委員会はなくなります。予算、各会計決算、公営企業会計決算の3特別委員会は毎年設置されます。現在設置されている特別委員会は、オリンピック・パラリンピック招致特別委員会です。
(東京民報2013年4月14日号に掲載) 

 

バナースペース


心つなげよう!! 

東京タワーから光のメッセージ