本文へスキップ

東京民報は東京が見える、東京を変える新聞です。

都議会                   13/07/26

新都議会がスタート 8会派が届出

共産党都議団が開いた総会

7月23日、都庁
 東京都議会(127人)の新しい任期(19期)が7月23日始まり、無所属を除き、7会派が届けました。その後、都議会みんなの党(7人)が人事をめぐる内紛で分裂し、8会派となりました。
届けられた会派は以下の通り。
 ▽都議会自民党59▽都議会公明党23▽日本共産党都議団17▽都議会民主党15▽みんなの党4▽都議会みんなの党3▽生活者ネットワーク3▽日本維新の会都議団2▽無所属(1人会派)1


共産党が新役員を選出 公約実現へ体制強化

 6月の都議選で第3党に躍進した日本共産党都議団は同日、総会を開き、新しい役員を決めました。吉田信夫団長は新しい体制に触れ「議会活動、議会改革の取り組みでも、条例など政策提案でも、都民からの期待に応え、公約実現を積極的に進めたい」とのべました。

 新役員は次の通り。
▽団長=吉田信夫▽幹事長=大山とも子▽政策調査委員長=清水ひで子▽副団長=曽根はじめ▽副幹事長=植木こうじ、かち佳代子▽政策調査副委員長=松村友昭、大島よしえ、畔上三和子

                           

バナースペース


心つなげよう!! 

東京タワーから光のメッセージ