本文へスキップ

東京民報は東京が見える、東京を変える新聞です。

都議補選 12月7日告示・16日投票

共産党 葛飾、世田谷、八王子3選挙区に擁立 | 12/11/20

 日本共産党東京都委員会・地区委員会は19日までに3選挙区で実施される都議補選(12月7日告示、16日投票)で、以下の候補を発表しました。いずれも新人。

葛飾区(欠員1)

和泉なおみ氏

 葛飾区(欠員1)には党葛飾地区都政対策委員長の和泉なおみ氏(50)=新=を擁立します。和泉氏は「葛飾は国保料を払えない人が加入者の4分の1にのぼるなど、石原都政の福祉切り捨てと国の構造改革路線の影響を最も鋭く受けてきた地域だ。くらしと福祉を住民に取り戻すために全力でたたかう」と述べました。
 




 


世田谷区(欠員1)

里吉ゆみ氏

 世田谷区には党区議団政調会長で党世田谷地区副委員長の里吉ゆみ氏(45)=新=を擁立します。里吉氏は「子どもたちの命・健康が守られる東京・世田谷をつくるため頑張ります」と決意を語っています。
 









八王子市(欠員1)

市川かつひろ氏


 八王子市(欠員1)には党八王子地区副委員長の市川かつひろ氏(38)=新=を擁立します。市川氏は「人の命よりも利益優先の都政から都民が主人公の都政へ転換するため頑張ります」と決意を語っています。






            (東京民報2012年11月11日、25日号に掲載)


 

バナースペース


心つなげよう!! 

東京タワーから光のメッセージ