都議会報道ページへのボタン
トップ>地方選挙 10/06/29

杉並区長・区議補選  共産党 ためこみやめ福祉優先の区政を 

 杉並区長選と区議補選(定数2)が、11日投票で行われます。
 前区長の参院選出馬に伴う区長選には、日本共産党の沢田俊史氏(59)=新=が立候補。「消費税増税をストップさせ、年150億円もため込む条例を中止させ、区民のくらしを優先させる区政に転換させよう」と訴えています。
  区長選にはこのほか、元民主党都議の田中良(49)、医師の千葉奈緒子(49)、塾経営の土田三盛(60)、元金融庁職員の藤岡隆雄(33)=みんなの党推薦=の各氏が立候補しています。
  区議補選には日本共産党から、金子けんたろう氏(34)=新=が立候補しました。金子氏は、区内の国有地を利用した認可保育園と特養ホーム増設で、待機者ゼロへ全力で取り組むと訴えています。
  立候補したのは、日本共産党1、自民党1、民主党2、みんなの党1、杉並・生活者ネットワーク1、日本創新党1(元)、無所属1(元)の8氏。

(東京民報7月11日号掲載)


 ページの先頭に戻る