都議会報道ページへのボタン
トップ>トピックス>社会 |09.04.18

2025年 都内世帯の3分の1が世帯主65歳以上に その4割は一人暮らし 都が推計

 東京都は2005年の国勢調査をもとにした2025年までの世帯数の推計値をまとめました。25年に世帯主が65歳以上の世帯は214万世帯で05年の1・5倍となり、都内全世帯の3分の1になるとみています。このうち、一人暮らしの増加が最も多く05年の1・8倍、87万世帯となり、世帯主が65歳以上の世帯の4割にのぼります。また世帯主が75歳以上の世帯でも一人暮らしの増加が目立ち、05年の2・3倍、57万世帯になると推計。都内全体の世帯数は、20年に636万世帯で頭打ちとなり、25年には減少に転じるとみています。一人暮らし世帯は05年から一貫して増加し、25年には39万増の284万世帯となります。これは、都内全世帯の45%にのぼります。