都議会報道ページへのボタン
カテゴリー>労働 |09.05.01

青空のもと第80回三多摩メーデーに6800人 「労働者の使い捨て許さないたたかいを大きく」

三多摩メーデー  働く者の団結で生活と権利を守り、平和と民主主義、中立な日本をめざそう―。80回目となる「三多摩メーデー」が1日、青空が広がる井の頭公園で開かれ、昨年を上回る6800人が参加しました。菅谷正見実行委員長(三多摩労連議長)があいさつし、「労働者の使い捨ては許さないたたかいを大きく広げよう」と呼びかけました。青年の参加が目立ちました。ステージにも「三多摩派遣村」を訪れたのをきっかけに参加したという人も含め大勢の青年が登場し、準備に参加した80人の思いを替え歌に込めて披露。「雇用を守れ」と元気に訴えると、会場から大きな拍手がわきました(写真)。
 狛江市の矢野ゆたか市長、日本共産党の村松みえ子都議があいさつしました。矢野市長は昨年6月の市長選の結果にもふれ、「市民は”市民と歩む政治”を選択した。この選択を都政、国政に広げれば国民本位、働くものの新しい政治が実現すると確信している」と強調。「地方政治を通して平和、民主主義、生活向上を目指す国民のたたかいの一翼を担っていく決意だ」と表明。村松都議は日本共産党が大企業や経済団体に対し、労働者の使い捨てをやめるよう申し入れていることを紹介。「7月の都議選は、都政の無駄遣いをやめさせ福祉、医療、教育を充実させるための選挙。総選挙は大企業にはっきりものがいえる政治に変える選挙になる。日本共産党は力一杯頑張ります」とのべました。 清水ひで子都議が紹介されました。
 ステージ上では争議団が紹介され、30人学級メーデーデモ行進実現や都立小児病院の存続、後期高齢者医療制度の廃止、環境問題などの課題に取り組む労働組合が次々登壇し、合唱や構成劇などさまざまな工夫をしてアピールしました。
 集会後、参加者はデコレーションをこらした宣伝カーを先頭に、デモ行進しました(写真左)。