都議会報道ページへのボタン
トップ>トピックス>労働 |09.07.14

都が再就職支援貸付事業を改善

 東京都は2月から実施している再就職を目指す離職者向けの無利子貸付について、より利用しやすくするために、15日から要件を見直しします。単身者の貸付限度額を月額10万円から15万円に増額し、連帯保証人なしでも申請が可能になりました。その場合、年1・5%の有利子での貸付になります。複数世帯の貸付限度額は従来通り月額20万円。子どもがいる世帯は、月5万を限度に上乗せが可能で、子どもの修学(入学金・授業料等)に必要な経費については、1人につき50万円まで貸し付けます。返済は据え置き期間(12カ月)終了後、7年以内ですが子育て世帯の優遇貸付については据え置き期間10年以内です。対象となる人は、失業で生計の維持が困難になった世帯の生計中心者で、東京仕事センターで就職支援などを受けることとしています。期間は来年の3月31日まで。