都議会報道ページへのボタン
トップ>カテゴリー>2009年都議選 |09/07/06

「事実に基づく報道を」 共産党がNHKに申し入れ

  日本共産党中央委員会は4日、日本放送協会(NHK)に対し、3日告示の都議選にかかわって「事実にもとづく正確な報道を求めます」との申し入れをしました。申し入れた文書では、NHKの3日夜のニュース報道で民主党を野党とする都議会の与野党配置をボードで示し、都議選の見どころを「与野党逆転」が起こるかにあると報道したことについて、「都議会において『民主党が野党である』との事実にたって初めて成り立つものですが、事実はまったく反対」と強調。民主党は都議会でこの4年間、都側が提出した案件の99・3%に賛成したことなどをあげ、「あきらかに与党」と指摘。「公共の電波を使用し、公正であるべき放送が、前提とされる事実を逆にえがく政党配置を伝えることの悪影響ははかりしれません」とのべ、正確な放送をするよう求めています。