本文へスキップ

東京民報は東京が見える、東京を変える新聞です。

東京民報バックナンバーBacknumber

       
 2017年
11月19日(2012)号
豊洲移転 加速から一転混迷 開場日決められず 強行に矛盾噴出
11月12日(2011)号
改憲許さない、熱い思いで 国会包囲行動に4万人
11月 5日(2010)号
党派超え応援、感動の連続 衆院選で再選 宮本徹氏にインタビュー
10月29日(2009)号
衆院選 「共闘の財産」で憲法守ろう 共産党 比例東京で2議席
10月22日(2008)号
衆院選 安倍暴走政治に審判を 共産党 比例現有3確保し4議席へ
10月15日(2007)号
共闘こそ未来切り開く 衆院選22日投票 ぶれない共産党の躍進を
10月8日(2006)号
共産党躍進で共闘発展を 安倍暴走政治止めよう 10月22日投票
10月1日(2005)号
解散・総選挙 共産党躍進 首都東京から 12区共同候補は池内さん
9月24日(2004)号
政権打倒、共同の力で 衆院解散へ 共産党勝利へ全力
9月17日(2003)号
政務活動費横領事件「自民党の責任、重大」 議会が報告書に明記
9月10日(2002)号
食の安全より豊洲移転「築地守る」は不透明 第2回臨時都議会
9月3日(2001)号
「豊洲移転立ち止まって」 都議選後、初の本格論戦
8月27日(2000)号
迎えました創刊2000号 運絵追うに密着、共闘を伝え
8月13・20日合併(1999)号
都議選フレッシュ座談会 市民が動き、みんなの力で 多摩の議席2→5に
8月 6日(1998)号
躍進で”提案力”アップ 筋通る論戦で要望実現
7月30日(1997)号
共産党都議団 率先して議会改革「福祉のために」勇退6氏 費用弁償を寄付
7月23日(1996)号
注目・新都議会 どうする豊洲問題 築地再整備こそ仲卸の願い
7月16日(1995)号
検証 激変の都議選情勢 北多摩4区(定数2) 市民とともにたたかった
7月 9日(1994)号
都議選 自民に審判 次は総選挙で政権倒そう 共産党19議席、連続躍進
7月 2日(1993)号
情勢大激変 勝利つかもう 最終盤、共産党が総力
6月25日(1992)号
憲法、築地、暮らしで激突 共産党躍進で自公に審判 都議選が火ぶた
6月18日(1991)号
国保料 直ちに1万円値下げ 共産党都委が緊急政策
6月11日(1990)号
和泉都議 豊洲移転の中止決断を 都議会代表質問
6月4日(1989)号
「共産党の反対、心強い」 志位委員長が築地訪問
5月28日(1988)号
「汚染残る」に怒り 豊洲市場 専門家会議異例の途中打ち切り
5月21日(1987)号
私も応援します共産党 無党派市民、広がる勝手連
5月14日(1986)号
築地再整備の共産党VS移転推進の自民・公明
4月30日5月7日(1985)号
8→17議席の力で都政動かす
4月23日(1984)号
命と安全 責任負う都議会に 豊洲問題で自公に審判を
4月16日(1983)号
築地再整備 期間7年734億円 業者「現実的」 市場PTが案
4月 9日(1982)号
自民・公明 反省なく豊洲推進 共産 築地での再整備を 都政の闇めぐり対決鮮明に
4月 2日(1981)号
2017年度東京都予算 都民要求前進を評価 共産党賛成、成立へ
3月26日(1980)号
百条委で浮き彫り 食の安全安心 置き去り 土地取得ありきの交渉
3月19日(1979)号
水面下で何が、一端が浮上 百条委 証人喚問始まる
3月12日(1978)号
地下水調査 深まる疑惑 1〜8回調査不適切な採水手順
3月 5日(1977)号
都議会百条委 豊洲移転解明焦点に 共産党が提案 全会一致
2月26日(1976)号
豊洲移転抜本検討求め署名 交差点で2500人
2月19日(1975)号
都議会改革 前に進める協議を 共産党が独自提案まとめ会見
2月12日(1974)号
豊洲 地下水調査「信用性ない」自らの工事を自ら調査
2月5日(1973)号
保育・教育 都民要求で拡充 小池知事初編成の17年度予算案
1月29日(1972)号
都 石原元知事の責任追及へ 豊洲購入めぐる”闇”
1月22日(1971)号
豊洲地下水 基準79倍のベンゼン 72カ所で環境基準超
1月15日(1970)号
力合わせ安倍政権打倒へ 4野党代表と市民そろいぶみ
1月1日・8日合併(1969)号
2017新春 庶民の活気あふれる東京に 共産党議員築地市場を歩く
 2016年
           
12月25日(1968)号
抹消された社員5人 「消された年金」第2段弾{真実を知りたい」
12月18日(1967)号
都議会本会議 豊洲移転問題 里吉都議 石原氏聞き取りを
12月11日(1966)号
豊洲特別委 地下水管理システムは欠陥 海抜2.5b上 くみ出せずく
12月 4日(1965)号
政務活動費 改革・透明化に奮闘 共産党・清水ひで子都議に聞く
11月27日(1964)号
築地市場 小池知事 判断は最短で来夏「移転確実とは言えない」
11月20日(1963)号
手形決済迫り、はんこ強要 「消された年金」記録改ざんの手口
11月13日(1962)号
市場業者「早く中止の決断して」小池知事 豊洲移転で工程表
11月 6日(1961)号
五輪会場 見直しは公開で 共産党都議団
10月30日(1960)号
豊洲市場「もはや再汚染」の声も 地下水管理システム 水位下がらず
10月23日(1959)号
都議会を振り返る 百条委の必要鮮明 豊洲問題 問われた本気度
10月16日(1958)号
豊洲市除う集中審議 地下水管理「機能しない疑い」尾崎都議
10月 9日(1957)号
都議会代表質問 豊洲移転 中止へ本格検討を 大山都議
10月 2日(1956)号
問われる歴代都政と自公 豊洲新市場 共産党 尾崎あや子都議に聞く
 9月27日(1955)号
「15年越しの要望やっと」都公社住宅 風呂設備の更新公社負担で
 9月18日(1954)号
豊洲新市場”きれいな土”なかった 安全脅かす汚染対策の”ウソ”
 9月11日(1953)号
豊洲新市場 強引な開場”待った”
 9月 4日(1952)号
住宅被害どう減らす 9月1日「防災の日」
 8月28日(1951)号
ホーム転落事故で現地調査 日常に潜む死の危険
 9月 4日(1952)号
住宅被害どう減らす 9月1日「防災の日」
 8月28日(1951)号
ホーム転落事故で現地調査 日常に潜む死の危険
 8月14・21日(1950)号
参院議員フレッシュ対談 みんなの力でつくった選挙
 8月 7日(1949)号
都知事選 鳥越氏134万票 野党と市民の共同広げ
 7月31日(1948)号
暮らし・福祉・非核の東京へ 都知事選31日投票
 7月24日(1947)号
鳥越氏都民に耳傾ける都政に 都知事選 横一線、一票争う
 7月17日(1946)号
2016参院選 市民と共にたたかい勝利 山添氏初当選
 7月10日(1945)号
参院選10日投票 よりよい未来へ共産党伸ばそう 山添候補大接戦
 7月 3日(1944)号
共産党 山添拓候補 当落選上、勝利へ総力 激戦参院選
 6月26日(1943)号
安倍政権倒し未来開こう 激戦の参院選7月10日投票
 6月19日(1942)号
舛添知事 強まる辞職要求 都民の怒りと共産党の追及で
 6月12日(1941)号
全容明らかにし知事辞職を 共産党・和泉都議が代表質問
 6月 5日(1940)号
「舛添さんは知事失格」広がる辞職求める声
 5月29日(1939)号
東京からの躍進で新しい政府を 参院選へ共産党演説会
 5月22日(1938)号
「都知事の資格なし」舛添氏 公私混同の極み
 5月15日(1937)号
熊本地震 仕事・住まい…訴え次々 山添拓さん被災地へ
 5月1日・8日(1936)号
参院選 ともに未来切り拓こう!
 4月24日(1935)号
震源拡大、余震続く 熊本地震 被災者救援、各地で
 4月17日(1934)号
舛添知事 海外出張 一泊20万円、豪華スイートも東京五輪
 4月10日(1933)号
東京五輪 膨らむ都負担 五輪の浪費より保育園
 4月 3日(1932)号
オスプレイ 崩れる「安全」の根拠 配備の前提なくなる
 3月27日(1931)号
ママたち安倍首相を動かす 「保育園落ちたのは私だ」
 3月20日(1930)号
"都議会予算特別委 子どもの貧困対策”国に先駆け”取り組め
 3月13日(1929)号
"戦争法廃止2000万人署名 政治動かす署名、胸高まる
 3月 6日(1928)号
"都議会代表質問 子どもと高齢者守れ 都に迫る 白石都議
 2月28日(1927)号
"「定時制つぶさないで!」 署名2カ月で1万超える
 2月21日(1926)号
"「町民の願いしょってる」 奥多摩町議 新風吹き込む大沢ゆかりさん
 2月14日(1925)号
"安保法廃止へ 大学人がスクラム アベ政治を許さない
 2月 7日(1924)号
"「定時制つぶさないで!」 署名2カ月で1万超える
 1月31日(1923)号
"戦争法廃止2000万人署名 「私も署名用紙ほしい」戦争させない力
 1月24日(1922)号
"都が2016年度予算原案 知事公約から重大な後退
 1月17日(1921)号
"底辺から変える”合言葉に 早稲田ユニオン
 1月10日(1920)号
新春インタビュー 信頼と共同さらに大きく 田村智子参院議員
 2015年
12月27日・1月3日(1919)合併号
フレッシュ新春対談 日本の未来拓く年に 山添拓予定候補、橋本美香制服向上委員会名誉会長
12月20日(1918)号
都議会代表質問 安倍政治の是正迫れ 尾崎都議「都民守る都政に」
12月13日(1917)号
戦争法廃止、参院選勝利へ 共産党都委が演説会
12月 6日(1916)号
自由に駆け回れない「ズッコケ三人組」12月で終結 那須正幹さんに聞く
11月29日(1915)号
廃止まで怒り忘れない 戦争法強行2カ月
11月22日(1914)号
都民の運動で1600億円節約 費用膨らむ五輪施設 問題山積
11月15日(1913)号
消された「憲法守ろう」日野市の封筒「黒塗り」背景に憲法軽視の市政
11月 8日(1912)号
「住宅街の上が訓練場」横田基地 命脅かすオスプレイ
11月 1日(1911)号
起草20年の都民平和アピール 「平和脅かす問題に、毅然(きぜん)と」
10月25日(1910)号
横田基地 オスプレイ配備 不安無視の環境レビュー
10月18日(1909)号
有明テニスコート存続 五輪施設「スポーツ後退許さない」
10月11日(1908)号
都議会代表質問 半減の夜間定時制高校 なぜまた廃止 徳留都議
10月 4日(1907)号
編集長インタビュー弁護士・伊藤真さん 戦争法選挙で廃止の意思示そう
9月27日(1906)号
戦争法廃止へ新しい政治を 憲法守る力合わせよう
9月20日(1905)号
「戦争する国許さない」国会へ押し寄せる光の波
9月13日(1904)号
”戦争法案「止めるのは私たち」ホコ天埋める1万2千人”
9月 6日(1903)号
”国会包囲 12万人のコール”戦争法は廃案”
8月30日(1902)号
”戦争法案絶対つぶす 若者ら全国いっせい行動
8月23日(1901)号
”若い世代の声を国会に 山添拓参院東京選挙区予定候補に聞く
8月9日・16日合併号(1900)号
戦争法案 廃案へ明るく希望もって あすわか・野口景子弁護士
8月 2日(1899)号
”絶対廃案”東京中に 憲法壊す東京法案
7月26日(1898)号
戦争法案強行採決 広がる怒り 「許せません」各地で抗議
7月19日(1897)号
財源なく突入の異常事態 新国立競技場
7月12日(1896)号
言論抑圧発言 セクハラ都議復帰 国政でも都政でもおごる自民
7月 5日(1895)号
戦争法案必ず廃案に 延長国会 宮本徹衆院議員に聞く
6月28日(1894)号
都議会代表質問 保育・介護 施設整備テンポアップをく
6月21日(1893)号
「成立止めよう」声広がる 戦争法案 高幡不動貫主ら反対く
6月14日(1892)号
国保滞納 加入世帯の3割に 負担軽減求める運動大きく
6月7日(1891)号
出会い共産党 父が楽しいそうに語っていた共産党が知りたくて 墨田区議に初当選 あさの清美さん
5月31日(1890)号
戦争はゴメン!!心一つに 町田市 超党派で市民連絡会
5月24日(1889)号
平和の世論で立ちはだかろう 戦争法案に怒りの行動
5月17日(1888)号
横田基地 オスプレイ配備するな
5月3日・10日(1887)合併号
いっせい地方選後半戦 共産党203人(99%)が当選
4月26日(1886)号
草の根で平和・くらし守る力 共産党全員当選必ず
4月19日(1885)号
全員当選で安倍暴走ノー 地方選後半戦26日投票
4月12日(1884)号
地方選前半 安倍暴走に審判を 首都圏各地で激戦
4月5日(1883)号
いっせい地方選 光る共産党の論戦力 板橋区 自共対決が鮮明に
3月29日(1882)号
東久留米市 市民の声届く市政に
3月22日(1881)号
品川区 23区最低の福祉 改善した行動力
3月15日(1880)号
事前防災行動計画「タイムライン」大島町全国初の導入
3月 8日(1879)号
都議会代表質問 共産党松村都議 自治体の役割発揮し
3月 1日(1878)号
東京なう 共産党区議団 北斎館より暮らし応援
2月22日(1877)号
「道灌まつる菩提寺 環境守りたい」 北区赤羽西 静勝寺住職
2月15日(1876)号
東京なう 住民運動と共産党区議 連携で区、業者動かす
2月 8日(1875)号
東京なう 子どもの貧困 地域が支えに
2月 1日(1874)号
年金保険料掛け捨て裁判 熟年コンビ、国に勝つ
1月25日(1873)号
都予算原案 福祉・雇用 都民要望実る新規事業
1月18日(1872)号
全国初 70歳から医療費助成 日の出町
1月11日(1871)号
新衆院議員連続インタビュー 宮本徹さん
12月28日・1月4日(1870)号
希望ひらく年に 波乱の人生 周囲の支え 今度はみんなのために
 2014年
12月28日・1月4日(1870)号
希望ひらく年に 波乱の人生 周囲の支え 今度はみんなのために
12月21日(1869)号
日本共産党大躍進 比例1→3議席 東京88万票 1・8倍化
12月14日(1868)号
比例3議席へ一票争う 共産党 広がる無党派の応援衆院選14日投票
12月 7日(1867)号
希望持てる新しい日本に 共産党躍進で暴走に審判 衆院選14日投票
11月30日(1866)号
願い実現、共産党の躍進で 総選挙12月2日公示、14日投票
11月23日(1865)号
政治変える力 大きく 共産党90万票獲得で躍進目指す
11月16日(1864)号
消費税増税 東商連アンケート 10%に9割反対
11月 9日(1863)号
労組結成で不当配転 動物園で働き続けたい
11月 2日(1862)号
編集長インタビュー 慶応大名誉教授 小林節さん
10月26日(1861)号
新国立競技場 巨大競技場を小さく描く
10月19日(1860)号
大島町 土石流災害から1年 町民とともに
10月12日(1859)号  
食費2割増 節約も水の泡 増税に物価高「10%怖い」
10月5日(1858)号
都議会本会議 女性蔑視やじ問題 人権侵害の一掃を 都議会本会議
9月28日(1857)号
自民都議再び女性蔑視発言 女性団体が抗議
9月21日(1856)号
東京なう 練馬・大泉二中 学校の真ん中 十字路で分断
9月14日(1855)号
表現の自由奪う まるで戦前 国分寺まつりで出店拒否
9月 7日(1854)号
歯科医から見える増税事情 4月から受診控えくっきり
8月31日(1853)号
足立区戸籍委託 半年で「一部撤回」
8月24日(1852)号
戦後69年 平和はいま
8月10・17日(1851)合併号
憲法トーク 平和こそジャパンブランド
8月 3日(1850)号
伸びる子”選別 別室で指導 足立区教委
7月27日(1849)号
オスプレイ 横田基地に初飛来 都民団体の抗議の中
7月20日(1848)号
なんでこんなに減るの 消費税増税・年金切り下げ
7月13日(1847)号
集団的自衛権行使容認反対 市民の力 超党派動かす
7月 6日(1846)号
編集長インタビュー 宝田明さん ゴジラに託した核廃絶
6月29日(1845)号
都議会代表質問 カヌー会場は隣接都有地に
6月22日(1844)号
浪費やめ自然守れ 舛添知事 五輪競技場見直しを表明         
6月15日(1843)号
都議会定例会 都がいじめ防止条例案
6月 8日(1842)号
東京なう 葛飾区保健センター廃止 施設遠のき困る住民
6月 1日(1841)号
認知症 初期の人、切り捨てる 医療・介護法案は廃案に
5月25日(1840)号
東京なう 住みよい 街壊すのか 都が都道計画
5月18日(1839)号
ワサビ、ヤマメに大打撃 奥多摩町
5月4日・11日(1838)合併号
キラリ対談 やくもつる☆吉良よし子参院議員
4月27日(1837)号
墨田区孤独死、1カ月に3件 SOS出せず 家族いても…
4月20日(1836)号
前進続ける運動こそ鍵 宇都宮健児さんに聞く         
4月13日(1835)号
要支援1・2 介護保険はずしに悲鳴
4月 6日(1834)号
都議会定例会が閉会 知事「金は天から降ってこない」
3月30日(1833)号
原発事故3年 福島はいま 止まったままの時間
3月23日(1832)号
予算特別委 論戦ハイライト 舛添知事と初の一問一頭
3月16日(1831)号
都議会定例会 論戦に見る 都民に冷たい都政継承
3月 9日(1830)号
都議会本会議 暮らしに寄り添う都政に 共産党・植木氏
3月 2日(1829)号
連続インタビュー どうみる都知事選 一橋大名誉教授・渡辺治さん
2月23日(1828)号
舛添都政1週間 あいまい「世界一」 大型開発路線はくっきり
2月16日(1827)号
明日へ希望ある結果 都知事選 宇都宮氏次点 運動さらに広く
2月 9日(1826)号
都知事選9日投票 宇都宮候補 政策で他候補を圧倒
2月 2日(1825)号
都知事選9日投票「都民とともに歩む知事を」宇都宮候補 安倍暴走と対決
1月26日(1824)号
宇都宮候補 希望ある東京に全力 本紙に必勝の決意を語る
1月19日(1823)号
”宇都宮旋風”巻き起こそう 革新都政をつくる会が決起集会
1月12日(1822)号
「政治変えるチャンス」 都知事選に宇都宮氏
 2013年
12月29日・1月5日(1821)号
新しい東京 都民の力で
12月22日(1820)号
猪瀬知事 弁明修正相次ぎ窮地に 都議会百条委設置へ        
12月15日(1819)号
徳洲会裏金疑惑「政治家として許されない」 都議会代表質問で河野都議
12月 8日(1818)号
はだしのゲン 撤去の陳情不採択に 練馬区教委
12月 1日(1817)号
弁明あやふや 深まる疑惑 猪瀬知事 徳洲会から5千万円
11月24日(1816)号
「君が代」不起立で処分の教員 都教委 再処分狙い聴取
11月17日(1815)号
はだしのゲン 自由閲覧守って 練馬区議会に撤去の陳情
11月10日(1814)号
京王バス 65歳までの継続雇用 時給900円で週3日だけ
11月 3日(1813)号
育鵬社協力冊子 全教員・生徒に配布 武蔵村山市教委
10月27日(1812)号
日本共産党 土石流被害の大島を視察
10月20日(1811)号
共に力尽くし保育園増設を 都議会定例会が閉会
10月13日(1810)号
暮らしも経済も壊す 消費税8% 史上最大の増税
10月 6日(1809)号
都議会注目論戦 共産党 保育所に都有地活用を
 9月29日(1808)号
生活保護引き下げ「生存侵す」
 9月22日(1807)号
超華美 すみだ北斎館 建設費66%上乗せ
 9月15日(1806)号
「右向け右!」早朝の4列縦隊 まるで「自衛隊教練」
 9月 8日(1805)号
追及ブラック企業 早大非常勤講師 5年で雇止め矢に
 9月 1日(1804)号
命脅かすオスプレイ 横田配備検討中止を 共産党議員団が中止申し入れ
 8月25日(1803)号
最高裁 東京委処分は「違法」 波紋呼ぶ「君が代」訴訟
 8月18日(1802)号
米軍オスプレイ 横谷配備許すな 「命の問題」抗議相次ぐ
 8月4・11日(1801)号
躍進わくわく対談 小池晃さん・吉良佳子さん
 7月28日(1800)号
やったね 吉良さん 「ブラック企業なくそう」
 7月21日(1799)号
比例も東京も一票争う大激戦 参院選
 7月14日(1798)号
密着レポート 東京選挙区 吉良候補は「希望の光」
 7月 7日(1797)号
参院選が火ぶた 暴走自民と対決 共産党に熱い視線
 6月30日(1796)号
都議選 共産倍増 第3党に躍進
 6月23日(1795)号
暮らし、憲法、原発ゼロ 3つの願いを共産党に
 6月16日(1794)号
都議選 共産党に期待します
 6月 9日(1793)号
都議選 対決構図くっきり
 6月 2日(1792)号
都議選 各選挙区で激戦に
 5月26日(1791)号
都政変える 都議会検証 「認可保育増やして」
 5月19日(1790)号
都政変える 都議会検証 都立小児病院あったら…
5月5日・12日(1789)号
「石の壁」動き、光さす
 4月28日(1788)号
4人相部屋で10万円超 ”無料・低額”宿泊所
 4月21日(1787)号
見えない恐怖 地中で腐食白ガス管
 4月14日(1786)号
「法の外」に異例の規制 宿泊デイサービスに独自基準
 4月 7日(1785)号
杉並区 若者就労支援「すぎJOB」
 3月31日(1784)号
都議選まで3カ月 多党乱立の大激戦
 3月24日(1783)号
都議会予特委認可保育園の増設 都有地の活用を
 3月17日(1782)号
行政動かす住民パワー 共産党も力を合わせて
 3月10日(1781)号
都議会代表質問ハイライト
 3月 3日(1780)号
都教委調査 教育的効果著しい 中1で35人学級可能に
 2月24日(1779)号
暴力排除、指導者から 弁護士 望月浩一郎さんに聞く
 2月17日(1778)号
生活保護 命脅かす受給制限
 2月10日(1777)号
都道・補助29号線 説明会強行
 2月 3日(1776)号
日の出町 75歳以上の医療費無料4年
 1月27日(1775)号
都民に冷たい都政継承 猪瀬知事 予算原案と3カ年計画発表
 1月20日(1774)号
堤防・水門 10年で耐震化 都が計画決める
 1月13日(1773)号
厚労省 年金掛け捨て正当化
12月30日1月6日(1772)号
あすへ希望ひらく
2012年
 2011年
 
矢印6月19日(1996号)連続インタビュー どうする東京 同志社大学教授 浜矩子さん
矢印6月12日(1995号) 連続インタビュー どうする東京 国際ジャーナリスト 伊藤千尋さん
矢印6月5日(1994号) 希望届けるボランティア 共産党都委員会 宮城県東部を支援
5月29日(1993号) 連続インタビュー どうする東京 日大専任講師(放射線防護学)野口邦和さん
5月22日(1992号) 連続インタビュー どうする東京 東日本大震災 経済ジャーナリスト荻原博子さん 
5月15日(1991号) 東日本大震災 ボランティア現地へ続々
5月1日・8日(1990号) 共産党194議席を獲得 いっせい後半選
4月24日(1689号) 一票争う大激戦 24日投票 いっせい後半戦
4月17日(1688号) いっせい地方選後半戦 24日投票 安全・安心のまちづくりが焦点
4月10日(1687号) 都知事選10日投票 小池候補「都民の命守る都市に」
4月3日(1686号) 都知事選 石原都政 チェンジは小池候補だけ
3月27日(1685号) 都知事選スタート 4月10日投票 小池氏 福祉・防災都市東京を
3月20日(1684号) 東日本大震災特別紙面 東北・関東に巨大地震
3月13日(1683号) 都知事選 小池予定候補 若者と真っ向トーク
3月6日(1682号) 住民と議会結ぶ太いパイプ
2月27日(1681号) 国保料今年度比6割世帯で値上げ
2月20日(1680号) 福祉都市・東京の実現を 都知事選予定候補 小池あきら氏に聞く
2月13日(1679号) 「都政転換の先頭に」 革新都政の会 小池氏に出馬要請
2月6日(1678号) 繰り返す転落死亡事故 死と隣り合わせの駅
1月30日(1677号) 子育て世代の願いつなげよう 各地でつどい
1月23日(1676号) 区長会 国保料値上げ案を確認
1月16日(1675号) いっせい地方選に全力 前半4月10日、後半は4月24日投票
1月2日・9日合併(1674号) 新春ビッグ対談(上) 宇宙・科学にかけるロマン
2010年
12月26日(1673号) TPP参加 都市農業も困難に
12月19日(1672号) ”お泊まりデイサービス” 都 実態把握せず
12月12日(1671号)  都 青少年条例改定案を再提出
12月5日(1670号) 臨海部巨大開発を見学ツアー
11月28日(1669号) 特別支援教育推進3次計画 10年で児童・生徒2700人増
11月21日(1668号) 国保税 多摩地域値上げの動き
11月14日(1667号) 公共業務 低価格落札で賃金激減
11月07日(1666号) 品川区 特養ホーム建設 新たに2カ所
10月31日(1665号) 築地市場 石原知事 予算執行を表明
10月24日(1664号) 待機児急増の中野区 区初の区立保育室が実現
10月17日(1663号) 都内初 千代田区 18歳までの医療費無料化へ
10月10日(1662号) 23区国保料 算定法を変更 低所者に負担重く
10月3日(1661号) 「若者に仕事を」区役所が応援 足立区
9月26日(1660号)  東京から見る安保改定50年 再編で進む軍事一体化
9月19日(1659号) 墨田区 高齢者を地域で見守り 
9月12日(1658号) 都議会政務調査費 領収書を初公開
9月5日(1657号) 変えよう東京の教育U 「排除」される子どもたち@
8月29日(1656号) 石綿訴訟 原告の痛みを創作曲に
8月22日(1655号) 東京から見える安保改定50年
8月8日・15日合併(1654号)この議席を要求実現の力に 初登院の田村智子さんに聞く
8月1日(1653号)豊洲汚染実験報告 黒塗りの中身は2・7倍
7月25日(1652号)特別支援教育 都教委 第3次実施計画案を発表
7月18日(1651号)参院選 小池氏猛追及ばず 比例田村氏6度目の挑戦で当選
7月11日(1650号) 参院選7月11日投開票 消費税ノー・憲法守る議席必ず
7月4日(1649号) ”増税連合”独占阻む議席を 当落線上の大激戦
6月27日(1648号) 参院選がスタート 7月11日投票
6月20日(1647号) 消費税増税許さぬ議席 必ず取り返そう
6月13日(1646号) 参院線公示直前 首都・東京 大激戦 
6月6日(1645号) 沖縄米軍基地を視察 田村さん(共産党参院比例予定候補)語る
5月30日(1644号)参院選6月24日公示、7月11日投票の公算
5月23日(1643号) 参院選へ 政治変える希望わいた 共産党演説会に1万人
5月16日(1642号) 「誰でも助けてくれる」 目黒区での生活相談が評判
5月2日・9日合併号(1641号) 迫る参院選 共産党に新たな注目
4月25日(1640号)消費者と農業者の共同で東京を農ある街に 共産党シンポ
4月18日(1639号) 保育所増設に国有地を 共産党小池氏質問に期待集まる
4月11日(1638号) 後期医療制度 すぐ廃止を 政治の春呼ぶ「いのち」の訴え
4月4日(1637号) 都議会 築地市場移転の用地費削除 民主、修正案出さず
3月28日(1636号) 願いつなぎ未来開こう 参院選必勝へ女性のつどい
3月21日(1635号) 築地移転予定地の汚染 都の実験中間報告は”欠陥”
3月14日(1634号) 後期医療「保険料引き下げは可能」 過剰な医療費見積もりに批判
3月7日(1633号) 都議会1定 築地市場が焦点に 共産党 移転予算の撤回迫る
2月28日(1632号) 「日本の宝」議席を必ず 小池事務所開き 
2月21日(1631号) 都立小児病院 「廃止しないで」
2月14日(1630号) 東京都2010年度予算案 耐震補助予算6分の1に
2月7日(1629号) 暮らしが大変なときに 浪費の海外視察を復活
1月24日(1628号) 都予算原案 暮らし支援置き去り
1月24日(1627号) 特別区長会 23区国保料率を見直し
1月17日(1626号) 一から分かる築地市場移転問題 ”都民の台所”が汚染の地へ
1月10日(1625号) 住民が主人公のまちづくりへ 自然林分の緑地を確保
2009年
12月27日・1月3日(1624号)合併号 鯨春 2010年 飛躍へ
12月20日号(1623)号特集  派遣はもの扱い 「正社員を当然に」 広がるたたかい
12月13日号(1622)号 願い受け止める都議会に 
12月6日号(1621)号 「理性と希望の平和な時代を拓く」 東京科学シンポに250人
11月29日(1620)号 都立3小児病院 民主 廃止を容認 広がる存続求める声
11月22日(1619)号 都立3小児病院 民主が廃止前提の申し入れ 存続めぐり重大事態に
11月15日(1618)号 特集 今こそ、環境にやさしい東京へ どうするCO2の25%削減
1月8日(1617)号 「売上は家賃以下」 世界に誇る町工場守れ
11月1日(1616)号 五輪招致 ”隠れ支出”51億円 経費150億円以外にも
10月25日(1615)号 インフル対策 肺炎球菌ワクチンに助成を 
10月18日(1614)号 来夏参院選 東京選挙区に小池氏 共産党都委が発表 
10月11日号(1613号)  特派員が現地ルポ「おお、リオ!」 市民も歓迎
10月4日(1612)号 「子どもの貧困」取り組み広がる
9月20日・23日合併(1611)号 都議選後初の定例回 共産党の吉田都議が代表質問
9月13日(1610)号 第3回都議会定例回 要求実現へ新たな可能性
9月6日(1609)号 自・公政権退場へ 笠井氏「政治を希望ある方向に」
8月30日(1608号)「国民が主人公」の願い共産党に 30日投票 歴史動かす総選挙
8月23日(1607号) 総選挙30日投票 国民のための新しい政治を
8月16日(1606号) 自公政治終わらせ新しい政治を 共産党前進で新しい政治を
8月9日(1605号) 総選挙目前 共産党 比例予定候補 笠井亮前衆院議員に聞く
8月2日(1604号) 「東京の議席増で勝利開こう」 自公政権終わらせる戦闘に
7月26日(1603号)「核兵器のない世界を」 都内12万人が署名 7首長が賛同
7月19日(1602号)都議選 共産党8議席 70万票に増やす 「願いを実現して」の期待
7月12日(1601号)「共産党なら都政変わる」都民要求担えない自・公・民
7月5日(1600号)切実な願い実現のチャンス 「共産党躍進で都政は変わる」
6月28日(1599号)迫る都議選 「共産党伸び実現して」分野別政策に期待広がる
6月21日(1598号) 「頼りは共産党」思わぬ相談も 雇用破壊にたたかいはじまる
6月14日(1597号) 「多くの仲間救う提言」 共産党の中書企業政策に共感 
6月7日(1596号) 09都議選 争点を追う 都営住宅
5月31日(1595号) 共産党躍進で都民要求実現の選挙に 共産党・若林都委員長に聞く
5月24日(1594号) 09都議選 「共産党は私たちの支え」 幅広い期待広がる
5月17日(1593号) 雇用墓に「運動広げよう」
5月3日・10日合併(1592号) 都議選まで2カ月 各党消長かけ激戦に
4月26日(1591号)五輪招致 IOCが現地視察
4月19日(1590号)09都議選 争点を追う 高齢化社会の安心
4月12日(1589号) 「あなたの不安を教えて」 共産党都議団と民青 若者アンケート
4月5日(1588号) 都議選・総選挙 暮らしが大争点に 大田区で志位委員長が訴え
3月29日(1587号) 都立小児病院 自公賛成で廃止条例可決
3月22日(1586号)  都議会予算特別委員会特集
3月15日(1585号) 共産党都議団が少人数学級で全国調査
3月08日(1584号) 都議会で論戦始まる−暮らしの危機に都政は
3月01日(1583号)09―11年度の都内介護保険料 値下げ・据え置き15区22市で
2月22日(1582号)横田基地周辺 公園の池で魚が大量死
2月15日(1581号) 都議選・総選挙勝利へ 共産党都委員会が活動者会議
2月 8日(1580)号 新銀行東京 再建の具体策は見えず 金融庁に業務改善計画
2月 1日(1579)号 共産党が各地で街頭相談 雇用破壊のなか次々「駈け込み」
1月25日(1578)号 都09年度予算原案 暮らし危機のなか「安心」「希望」見えず
1月18日(1577)号 「無料低額診療で救える命ある」 新たな事業に挑戦 大田病院
1月11日(1576)号 09年総選挙・都議選 政治変えるチャンス 共産党が新春第一声
12月28日1月4日(1575)号 新春てい談 安心して暮らせる日本・東京へ
2008年
6月1日(1546)号 お年寄りから怒 後期高齢医療に苦情殺到
6月8日(1547)号 後期医療 廃止へ広がる世論 立ち上がる老人ク
6月15日(1548)号 「どの子も大切」の風吹かそう 30人学級実現署名始まる
6月22日(1549)号 執ように融資拡大を要求 新銀行に都幹部 元行員が証言
6月29日(1550)号 新銀行経営破たん「都の責任認めよ」 共産・小竹都議
7月6日(1551)号 08都議会二定を振り返る 注目集めた共産党の論戦
7月13日(1552)号 新銀行が減資 税金854億円失う 知事の責任逃れに怒り
7月20日(1553)号 汚染まみれの市場はご免! 移転撤回求めデモ行進
7月27日(1554)号 奥多摩特産ワダビ 台風被害のりこえ復興へ
8月3日(1555)号 平和を語る熱い夏 東京大空襲訴訟 11月から本格審理へ
8月10日・17日(1556)号 築地市場 こだわる豊洲移転 都「技術会議」設置
8月24日(1557)号 海外視察7年間で1億1500万円 自公民都議1人167万円
8月31日(1558)号 横田基地問題 「軍民共用化はデッドロックに」石原知事
9月7日(1559)号 介護保険サービス抑制で膨らむ”ためこみ
9月14日(1560)号 これでいいの?海外視察 民主 報告書は論文盗用
9月21日(1561)号 高校生に返済不要奨学金を 共産党都議団が条例案 
9月28日(1562)号 温暖化対策でシンポ 人類生存に社会転換を 
10月5日(1563)号 「生活苦しい」7割 共産党・生活応援で緊急提案 
10月12日(1564)号 都議会海外視察 今度は自公に盗用問題 共産党が指摘 
10月19日(1565)号 9条の会ネットワーク 都内連絡会が24日発足 
10月26日(1566)号 後期医療 10月から年金天引き全区で 怒りの一揆 
11月2日(1567)号 ルポ 変わる横田基地 空自総隊司令部が移転 
11月9日(1568)号 共産党が街頭演説 経済転換に期待の声
11月16日(1569)号 都補正予算 生活応援施策が実現 
11月23日(1570)号 多摩地域 子どものぜんそく急増 PM2.5規制急務 
11月30日(1571)号 23区中小企業融資 新設・拡充で窓口に殺到 
12月7日(1572)号 異議あり!石原五輪 革新都政をつくる会が講演会 
12月14日(1573)号 都民を襲う解雇の嵐 日本IBM”正社員切り”の実態明るみに 
12月21日(1574)号 都議会定例会 都政の役割めぐり論戦 補正予算は一歩前進