都議会報道ページへのボタン
トップ>トピックス>区市町村|10/10/28

23区国保料 来年度から新算定方式 生活苦しい人ほど負担重く 共産党「引き上げやめよ」と区長会に要請 

区長会への申し入れ 23区が国民健康保険料の算定方式を従来の住民税方式から「旧ただし書き方式」(所得比例方式)に来年度から移行する問題に関連して、日本共産党東京都委員会と23区の各区議団は12日、特別区長会に対し、国保料の引き上げはしないよう申し入れました(写真)。
  新算定方式では、扶養控除や障害者控除など各種控除を考慮しないため、所得の低い人や多人数世帯、障害者がいる世帯など、生活が大変な人ほど負担が重くなる傾向があることが分かっています。

所得割86倍も

 板橋区のかなざき文子区議が、同区の09年度の国保料を新算定方式に当てはめて行った「所得割」分の試算(所得別、世帯人数別)について調査した結果は、このことを裏付けています。
  かなざき区議によると、新しい算定方式に移行した場合、板橋区では国保料が増額となる世帯は約32%にのぼり、とくに所得が50―300万円未満で、2―5人世帯すべてで上がります。
  世帯人数別でみると、2人世帯だと所得が50万―300万円未満(2人世帯の63%)の世帯で上がり、中でも1円―50万円未満の所得世帯は、「所得割」分がゼロから約2万2000円にもなります。
  3人世帯では50―600万円未満の所得層(3人世帯の76%)で上がり、最高は50―100万円未満の世帯で、約500円から約4万3000円、86倍に跳ね上がります。さらに4人世帯だと50―800万円未満(4人世帯の82%)で上がり、最高は100―200万円未満の世帯で、約2万9000円から約8万7000円にもなります。5人世帯は50―800万円の所得層(77%)で上がり、最高は同じく100―200万円未満の世帯で、約8万7000円にもなります。
  かなざき区議は「これらの試算は、障害者控除などは反映されておらず、上げ幅はさらに大きくなる可能性がある」といいます。
  区長会は昨年9月、新算定方式への移行を確認し、現在は各区の担当課長会や部長会で、保険料が急激に上がる世帯への経過措置(2年間)などを検討しています。
  しかし、検討している経過措置は、その財源を23区が被保険者の負担軽減のため独自に一般財源で持っている、高額療養費の一部を保険料の算定の基礎に加えることで対応しようとするもので、そのやり方では国保料が値上げになる世帯が生まれます。
  加えて公的医療費の削減を狙った「広域化」(運営主体を区市町村単位から都道府県単位へ移行)が民主党政権によって今後持ち込まれれば、さらに多くの世帯が大幅な引き上げになりかねません。


負担軽減こそ

 日本共産党の区長会への申し入れでは・保険料率算定や保険制度のあり方を区民、区議会に情報公開し区民参加ですすめる・保険料を引き上げず、負担軽減に努める・保険料のさらなる大幅値上げの危険がある国保「広域化」に反対する―ことなどを求めています。
 申し入れには、党区議ら26人が参加。大山とも子都議も同席しました。各区議からは「滞納世帯が4割を超えている。保険料が高過ぎて払えない状況になっている」など区民の深刻な実態が紹介されるとともに、「区長会で結論が決まってから各区で方針が出されても、区議会では議論にならない。情報を出してもらいたい」「国保料のこれ以上の値上げは、滞納を増やし国保会計の悪化を招く可能性がある。厳しい実態に目を向けて考えてほしい」などの要望が出されました。
  鎌形満征事務局長は「要望の内容は、区長会に伝えたい」と答えました。情報公開については「特別区議会議長会に出した資料は公開してよいもの」とし、それ以外の資料の公開は、各区長の自主的判断によるとのべました。

こう変わる 23区の国保料

             国民健康保険料は所得に応じて負担する「所得割」分と所得に関係なく一律に世帯1人につき負担する「均等割」分の合計で決まります。このうち算定方式が変わるのが「所得割」分。これまで23区では、所得(収入から必要経費=給与収入の場合は給与所得控除額、年金収入の場合は公的年金等控除額=を引いた額)から基礎控除(33万円)のほか、扶養控除や障害者控除など各種控除、ローン控除などの税額控除を考慮する「住民税」額をもとに算定しています。
  これが新しい算定方式になると、所得から基礎控除額を引いた額を「旧ただし書き所得」とし、これを算定する際の基礎額とします。このため「所得割」分が発生しなかった非課税世帯でも、基礎控除額(33万円)を超える所得があると、「所得割」が課せられることになり、所得の低い人に新たな負担が強いられます。さらに各種控除が反映しなくなることから、多人数世帯や障害者がいる世帯など、生活が大変な人ほど負担が重くなります。