都議会報道ページへのボタン
トップ>カテゴリー>区市町村|09/04/07

小平市長選 小林市長が大差で再選

当選を喜ぶ小林市長(右から2人目)  任期満了に伴う小平市長選が5日投開票され、現職の小林正則市長(56)=日本共産党・民主党・社民党・生活者ネット推薦=が元教育長の坂井康宣氏(65)=自民党推薦、公明党支持=に2倍以上の得票差で圧勝しました。小林市長は、子ども医療費無料化や介護保険負担軽減、妊産婦検診の拡充など4年間の実績を示し、暮らしを守り子育て支援や市民参加をさらに進める政策を訴え、支持を広げました。
 大勢が判明した同日夜、市内選挙事務所で小林市長は「市民とのマニフェストを誠実にこなしてきた成果だ。さらに市民の信頼を得て、協働しながら市政を担っていきたい」と表明。各党代表があいさつし、共産党の清水あきお北多摩東部地区委員長(衆院東京19区予定候補)は「共産党も市政を前進させるため頑張る」とのべました。(写真は当選を喜ぶ小林市長=右から2人目=と清水地区委員長=右端=ら)
小平市長選の結果
当小林正則 無現 38776
  坂井康宣 無新 16584
   (投票率39・31%)

 小平市長選と同時に行われた市議補選(欠員1)の結果は、次の通り。(投票率39・29%)
当 平野弘美 無新 23719
  磯山 亮 自新 17927
  末広 進 共新  8779
  古川 徹 無新  3663