都議会報道ページへのボタン
トップ>カテゴリー>環境|10/02/10

今シーズンの花粉飛散 昨春の3割程度 2月7~11日から

 花粉飛散数は昨春の3割程度―。東京都は21日、今春のスギ・ヒノキ科花粉の都内の飛散予測を発表しました。飛散開始日は平年より1週間ほど早い、2月7―11日ごろと予測しています。予測では都内の測定点を平均した飛散花粉数は、昨春比26―35%、過去10年平均の29―39%程度を見込んでいます。花粉数が多い日の数は、都内平均で20日程度(昨春41日)。都は昨春より飛散数は少ないものの、花粉症を発症するレベルが見込まれるとして、注意を呼びかけています。都は2月1日からテレホンサービス(03―3233―1187)とホームページ(「とうきょう花粉ネット」http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kanho/kafun/ で1時間単位の花粉情報を提供します。