都議会報道ページへのボタン
トップ>トピックス>都議会報道 |09/02/19

高校生に奨学金給付、シルバーパスの負担軽減 共産党都議団が条例提案へ 09/02/19

記者会見する共産党都議団 日本共産党都議団は18日、都議会定例会に経済的に困窮する高校生らに奨学金を給付する条例案と、シルバーパス(70歳以上のバス・都営交通乗車証)の料金を所得に応じて減額する条例改正案を提出すると発表しました。奨学金の給付条例案は、都内在住の高校生、高等専門学校生、専修学校高等課程の生徒に、国公立高校で月Ⅰ万8千円、私立高校で3万5千円を支給するもの。対象は4人家族で年収約455万円以下。シルバーパス条例改正案は、住民税課税の人は一律年2万510円(非課税は1000円)とする現行制度を、所得に応じて軽減するもの。同時に、多摩都市モノレール、ゆりかもめ(新交通システム)も利用できるようにします。多摩モノレールへの適用は、市長会も要望しています。都庁内で開いた記者会見で同日、発表しました(写真)。