都議会報道ページへのボタン
トップ>カテゴリー>東日本大震災関連 |11/03/24

都 乳児向けに飲料用ペットボトル24万本配布 

 東京都は24日、都水道局金町浄水場の水道水から食品衛生法に基づく乳児(1歳未満)の飲用にかかわる暫定的な指標値、1リットル当たり100ベクレルを上回る放射性ヨウ素131を検出したのを受け、給水地域に居住する乳児向けに飲料用ペットボトル(1本550㍉リットル)24万本の配布を始めました。都は23区と武蔵野、三鷹、町田、多摩、稲城の各市に搬送し、各自治体が乳児(約8万人)のいる家庭1人当たり3本を提供します。都は、放射性ヨウ素131の指標値について、長期にわたり摂取した場合の健康影響を考慮して設定されたもので、乳児以外は摂取しても問題はないとしています。