都議会報道ページへのボタン

トップ>カテゴリー>福祉・医療|10/10/15

昭島市 インフル予防接種を助成 小学生以下半額に 多摩26市で初

  昭島市はインフルエンザワクチン接種について、小学6年生までの半額助成を始めました。ワクチンは季節性インフルエンザに加え新型インフルエンザの予防にも効果がある3価ワクチン(新型インフルエンザ・A香港型・B型)。13歳未満は2回の接種が必要で、自己負担は合計3000円。2回接種だと通常6150円かかりますが、市が独自に3150円助成します。
 また、65歳以上の市民税課税世帯についても半額を助成。1回接種で済むため、通常4470円のところ自己負担2200円となります。生活保護世帯と市民税非課税世帯、中国残留保護世帯については、国が2分の1、都と同市がそれぞれ4分の1の費用を負担し、無料で接種できます。日本共産党市議団は子どもの予防接種助成について、対象を中学生まで広げるよう求めています。