都議会報道ページへのボタン
トップ>地方選挙 10/02/11

2010 日野市議選 2月14日告示・21日投票

福祉・暮らし優先の市政へ 共産党 5人全員勝利目指す     

5人の共産党日野市議予定候補  日野市で14日告示、21日投票で行われる市議選は、定数が26から24に減り、激しい選挙戦となっています。共産党は現職5人全員(写真)の再選で議席占有率増を目指しています。厳しさを増す市民の暮らしを応援する市議会にできるかどうかが問われます。こうした中、税収減からいったん凍結されていた「ふれあいホール」(体育館中心の施設)の建設が突如復活し、争点として急浮上しています。

ふれあいホールより 暮らし守って

  馬場市政は、50億円規模の大型体育館建設を計画しましたが、党市議団の無駄遣いではないかとの追及で、25億円規模に縮小させ、09年4月の市長選を前に、「税収減の中で建設休止」と表明させました。 ところが、同年9月の市議会に突如、馬場市長がこの25億円のホール建設を提案し、自民、公明、市民クラブ(民主含む)、社民、生活者ネットの賛成で可決しました。
  これを知った市民から「こんな時になぜ」「ハコモノは時代遅れ。税金を使う順位を考えてほしい」などの批判があがっています。

「第三次行財政改革」 で高齢者に負担増

  一方で、同市はこの4年間、97年まで続いた森田革新市政が残した福祉や市民サービスの根こそぎの切り捨てをねらった「第三次行財政改革」を進めてきました。大きな問題のひとつは高齢者への負担増です。
  日野市は革新市政時代の成果として、高齢者の入院見舞金を最高額3万円支給していました。しかし、それを一律5千円までカットしてしまいました。さらに、市の独自事業の市民税非課税世帯に対する介護保険利用料の負担軽減策(4%助成)も廃止。この助成は、千人を超える人が対象になっていたものです。

悪政の防波堤で 光る党市議団の値打ち

  しかし、市民の運動と、それと連携した共産党市議団の奮闘が、悪政を食い止める重要な成果もあげています。 「改革」の大きな柱であった保育所・学童クラブの民営化を断念させたことは、そのひとつです。
  民営化は、05年8月「第三次行財政改革大綱中間報告」に明記され、翌月から「保育園等改革計画策定委員会」が始まりました。この市の動きに、子育て世代の父母が、委員会傍聴活動を開始。運動が数年に渡って大きく広がり、昨年までに4万3千人を超える署名が提出されました。
  自民、公明に加え、民主議員も民営化に賛成するなか、共産党市議団は議会で論戦。「少子化」「コスト削減」などの馬場市政の民営化の論拠を一つひとつ打ち破り、ついに昨年11月、「当分の間は民営化を延期」すると表明させました。
  また、馬場市政は「経営健全化」の名で、市民病院に対する「繰り出し金」を、それまでの6―8億円から03年以降3億円に削減し、病院の経営・運営が危機的な状況に陥りました。08年6月には3人いた小児科の常勤医がゼロになり、お産も休止。救急医療の後退で救急患者の受け入れが急減し、入院患者も減り、病床占床率が低下するなどの事態も進みました。
  共産党市議団は市の「繰り出し金」の削減に道理がないことを議会で繰り返し追及。06年以降分についてカットが是正され、8億円まで戻させました。その結果、お産が再開し、小児医療、救急医療の体制確保も進み始めました。

市民に心寄せ 3つのゼロ実現を

  共産党市議団は今度の選挙で「税金は体育館より福祉・くらし優先に」と訴え、①保育園待機児ゼロ(4カ所1億6千万円)②特養ホーム入所まちを段階的にゼロに(100人規模1カ所6億円)③中学3年生までの医療費ゼロ(1億3千万円)を実現しようと呼びかけています。

 ページの先頭に戻る