都議会報道ページへのボタン
トップ>カテゴリー>労働  08/12/05

日野自動車 来夏までに全期間社員の契約打ち切りを計画  共産党「やめよ」と申し入れ  

日野自動車への申し入れ 日野自動車(本社・日野市)は、期間社員の契約について今後更新せず、来夏までに全期間社員約2000人の契約を打ち切る計画であることが5日、分かりました。日本共産党の申し入れで、明らかになったもの。同社は日野、羽村、新田(群馬県)3市に工場があり、このうち日野工場では500人いる期間社員のうち12月末までに契約期間が切れ「雇い止め」となるのは200人。「派遣」については、すでに契約を打ち切ったとしています。
  日本共産党は申し入れで「景気悪化を理由に『調整弁』のように非正規雇用労働者を切り捨てることは決して許されることではありません」として、正社員の雇用拡大や期間社員の「雇い止め」をせず、住居と生活を保障することなどを要請しました。共産党日野市議団、村松みえ子都議、とくとめ道信党都委員会副委員長らが申し入れました(写真)。