都議会報道ページへのボタン
トップ>カテゴリー>オリンピック招致問題 |09/09/03

五輪招致 都議15人をIOC総会に派遣 批判の声も 共産は参加せず

 都議会は、2016年のオリンピック開催都市を決める国際オリンピック委員会(IOC)総会(10月2日、コペンハーゲン)に、「招致活動を実施するため」として、都議15人を派遣します。一貫して招致に反対の日本共産党と、派遣に反対した生活者ネット・みらいは参加しません。日程は29日から10月4日までの6日間で、民主7人、自民5人、公明3人が参加。1千万円にものぼるとみられる多額の費用は税金でまかなわれることになり、「なぜ都議がそんなに行く必要があるのか。税金の無駄遣いだ」との批判があがっています。